「社会労務士」ってどんな仕事をしているの?

社会保険労務士の役割

社会保険労務士は、社労士や社会労務士などと呼ばれ、社会保険労務士法に基づく国家資格です。企業に勤めている人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。社会保険労務士法によると、社会保険労務士は「労働および社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的として業務を行っています。その対応業務は幅広く、社会保険の手続きだけでなく、労務トラブルが起きた時に相談できることで労務リスクが軽減されたり、助成金の申請を依頼することで会社のキャッシュフローが改善したりする場合もあります。なお、社会保険労務士は、組織に属している「勤務社会保険労務士」と自ら開業している「開業社会保険労務士」に分類されます。

社会保険労務士の業務内容

社会保険労務士の主な業務内容は、社会保険の手続きや労務管理の指導、年金相談業務、労働紛争解決代行業務など、広範囲に及びます。特に企業からの依頼が多いのは、社会保険の手続き業務です。企業にとって労働者の適正な加入は、企業の社会的責任、法令順守の視点から、とても重要です。保険料の算定基礎のもととなる保険料の算出や、年度更新業務などの手続きは専門知識が必要で、誤って申告をすると追徴金や延滞金が科せられる場合もあります。また、制度の複雑化や度重なる法改正により、企業担当者の負担は高まっています。社会保険労務士が手続きを代行することで、そうした企業の負担を軽減することができます。

社会保険労務士の仕事の一つに、「社会保険労務士の就業規則相談業務」があります。10名以上の労働者を雇用する企業は、就業規則の作成と届出の義務があるため、社会保険労務士に委託するケースが多いです。