売掛金を現金化できるって本当?不渡りにはならないの?

売掛金を現金化して事業資金に使う

取引先からお金をもらうとき、いくつかの方法があります。すぐに現金でもらう方法もありますが、受取手形や売掛金として一定の猶予を置くときもあります。受取手形は法的な証券になり、銀行などで割引をすれば現金化ができます。しかし売掛金は、取引先から入金されない限り現金ができません。この時、ファクタリング会社を利用すると売掛金の現金化ができます。ファクタリング会社は売掛金を買取ってくれる会社で、審査が下りればすぐに現金化してもらえます。この時の審査は取引先に対して行われます。取引先の業績が良ければ審査が下りやすいですし、割引率も低くなります。取引先の業績があまりよくなければ、審査自体が下りないときもあるので注意しましょう。

不渡りのリスクがない債権

取引先からの支払いで、契約上の支払いの約束を受ける時と受け取りてたがと受ける時があるでしょう。契約上の約束は、帳簿上は売掛金として表示されます。当方同士の信用で成り立っています。受取手形は間に銀行が入る仕組みで、手形割引などを受けても相手が決済をしなければ弁済しなければいけません。つまり不渡りになったときはその分負担がのしかかります。一見受取手形の方がよさそうですが、取引先によっては後で困る可能性もあります。売掛金にも現金化をするための仕組みとしてファクタリングがあります。元々当方同士の契約なので、受取手形のような法的な規制はありません。ですから不渡りのリスクがありません。その分審査は厳しくなります。

ファクタリングとは他の人が持っている債権を自分が買い取って、その債券を回収するサービスです。債券手形の紛失のリスクを減らすことができる等様々なメリットがあります。