相続税は、この手順で計算していきましょう

相続税を計算する流れ

財産を相続すると相続税が課税されます。その相続税を計算する際の手順を紹介します。【1】相続によって取得した現金、預金、土地、建物、株式などの有価証券といったプラスの財産を計算します。これに生命保険や死亡退職金を足します。この時に、生命保険や死亡退職金からは法定相続人の数に500万円を掛けた額が控除されます。【2】財産にはマイナスの財産も含まれるので、借金や未払金などの合計を算出し、これに葬儀費用も加えます。【3】プラスの財産からマイナスの財産を差し引きます。これが課税される財産額の合計額で、相続税を計算する際のベースの金額になります。【4】相続税にも基礎控除があります。基礎控除の金額は法定相続人の数に600万円を掛けて、それに3000万円を足したものです。例えば、法定相続人が妻と子供2人の計3人だとすると、3人×600万円+3000万円で4800万円が基礎控除となります。【5】ベースの金額から基礎控除額を差し引いて課税遺産額を求めます。【6】課税遺産額を法定相続人が法定相続分取得した時の、それぞれの取得金額を計算します。【7】それぞれの法定相続人が法定相続分の財産価額を取得したものとして、相続税の総額を計算します。【8】相続税の総額を実際に取得した財産の割合に応じて按分し、それぞれの相続税額を計算します。

配偶者に連れ子がいた場合は?

以上が相続税を計算する流れとなりますが、配偶者に連れ子がいて、その子供を養子にした時は実子と同じように取り扱われるなどの規定もありますので、注意が必要です。

相続税の申告をスムーズに行いたいなら、税理士に相談する方法が有効です。書類作成の相談にも応じています。