この後どうする?高校中退をすることになったら!

働くのか進学をするのか

高校中退が決まったら、まず考えておきたいのがこれからのことです。そのまま仕事を見つけて就職をするという選択肢もありますが、求人募集の条件が高卒以上となっていることは少なくありません。高校中退でもその後に、通信制高校や定時制高校に通うか違う高校に編入することで高校卒業の資格を得ることができます。高卒の資格があれば、就職の幅が一気に広がるだけでなく大学進学などの選択肢も選べるようになります。大学や専門学校への進学を目指しているのであれば、高卒認定試験を受けてみるというのも良いでしょう。

通信制高校に通うメリット

高卒の資格を取得する方法として人気となっているのが、通信制高校です。通信制高校は、比較的費用負担が少ないことで人気です。ただ、高校卒業を目指すだけなく手に職をつけることができるコースなどは、学費が高くなる可能性があります。通信制高校は、自宅学習が基本となっていますがスクーリング出席も単位取得の条件のひとつとなっています。そのため、通信制高校を選ぶ時には、スクーリングの場所や時間をしっかりと確認しておくことがおすすめです。

高卒認定試験のメリット

高卒認定試験は、高卒の資格自体は取得できませんが、試験に合格することによって大学などへの進学の道がひらけます。試験自体は1万円以下で受けることができる上に、独学で合格を目指すことも可能です。勉強のためのテキスト代などは必要になりますが、少しでも安く大学を受験するための資格を取得したい場合は高校卒業認定を考えてみると良いでしょう。

高校中退は高校を途中で辞めたという意味です。家庭の事情などあるにしろ、通信制の高校もあるので高卒の資格はいつでも取得出来ます。